What's a-core?

  教育の背景・目的 
  研究テーマ
  運営方針
  交流状況・成果
  実施組織
  参加大学
  参加者リスト


 計画及び成果

  年度別スケジュール
  年度別実施計画書の概要
  交流実施状況
  年度別実績報告書の概要
  写真集


 How to participate
   in a-core.

  派遣の手続き
  研究者受け入れの手続き
  日本国内出張の手続き
  セミナーに関する手続き


 注意事項

  研究成果に関する取り扱い
  参加研究者の範囲等


 リンク集


 お問い合わせ
   
 a-core.japan@iae.kyoto-u.ac.jp


大学交流事務局(W-509)
611-0011宇治市五ヶ庄
京都大学
エネルギー理工学研究所
tel 0774-38-3433(直通)
fax 0774-38-3439
http://a-core.iae.kyoto-u.ac.jp
小林 純子(KOBAYASHI Junko)

研究者受け入れの手続き


 受入前の手続き

受入の一ヶ月前迄に◆2010A-CORE_toJapan.xls をA-CORE事務局までメールで提出して下さい。


ファイルの2〜4シート目にある「Input Guest」「 Input Host」「 Itinerary」にご記入頂ければ、自動的に必要書類に反映されます。この3シートを洩れなくご記入下さい。英文部分を相手国側研究者が、和文部分を受入ホスト研究者がご記入下さい。必要に応じて他のシートもチェックして下さい。
エクセルファイルがうまくダウンロードできない場合は、A-CORE事務局までお問い合わせ下さい。

初めて研究者を受け入れる受入ホスト研究者(以下ホスト研究者)は、銀行振込依頼書を押印の上、A-CORE事務局まで郵送して下さい。以前提出して頂いた方は提出して頂く必要はありませんが、住所や口座等に変更がありましたら、その都度提出して下さい。





 受入後の手続き

相手国側研究者の来日後には下記書類を提出して下さい。

 ● Receipt(領収書)
 ● Research Report(研究報告書)

これら書類も◆2010A-CORE_toJapan.xls の中にあります。
Receipt は訪日研究者の署名が必要となりますので、訪日直後に作成して下さい。Receipt(領収書)は訪日研究者の帰国後速やかに、遅くとも帰国後1週間以内に、A-CORE事務局まで郵送して下さい。
Research Reportは帰国後2週間以内にメールでお送り下さい。 もし資料や冊子等ありましたら、併せてお送り下さい。


各様式をダウンロードしてお使い下さい。

提出書類 A-CORE事務局提出期限 備考
銀行振り込み依頼書 受入日の3週間前迄に 未提出の受入ホスト研究者のみ。要押印!
◆2010A-CORE_toJapan.xls 受入日の1ヶ月前迄に 訪日研究者、受入研究者の両方が
記入しなくてはなりません。
Receipt(領収書) 来日後 速やかに ◆2010A-CORE_toJapan.xls の中にも
入っています。訪日研究者の署名が必要です。
Research Report (報告書) 帰国後2週間以内 署名は不要です。電子物で提出可能です。




                                           TOP


            --------------------------------------------------------------------------------------
                         copyright © 2009 Konishi Lab. IAE Kyoto Univ. All right Resserved