What's a-core?

  教育の背景・目的 
  研究テーマ
  運営方針
  交流状況・成果
  実施組織
  参加大学
  参加者リスト


 計画及び成果

  年度別スケジュール
  年度別実施計画書の概要
  交流実施状況
  年度別実績報告書の概要
  写真集


 How to participate
   in a-core.

  派遣の手続き
  研究者受け入れの手続き
  日本国内出張の手続き
  セミナーに関する手続き


 注意事項

  研究成果に関する取り扱い
  参加研究者の範囲等


 リンク集


 お問い合わせ
   
 a-core.japan@iae.kyoto-u.ac.jp


大学交流事務局(W-509)
611-0011宇治市五ヶ庄
京都大学
エネルギー理工学研究所
tel 0774-38-3433(直通)
fax 0774-38-3439
http://a-core.iae.kyoto-u.ac.jp

小林 純子(KOBAYASHI Junko)


運営方針

  A-CORE 22年度運営方針

 以下の項目をA−COREの運営方針といたしますので、ご理解ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

● 1年を通した計画的な研究交流の実施
●  実施計画の100%達成
●  研究成果の社会還元

 まず、2009年度の本事業予算は、当局のきわめて高い評価を受け、昨年度より極僅かではありますが増額がありました。JSPSの査定結果は、皆様の多大のご協力を受けてのことでありますので改めて御礼申し上げます。

 さて、3カ国のプログラムコーディネーターによる調整と昨年度の実績を加味した上で、交流計画数を、派遣・受入・セミナーともに決定をいたしました。添付の「交流予定数一覧」を参照してご確認ください。

 A−CORE事務局では少しでも多くの研究交流を可能にするため、A−COREの共同研究交流に「役員・部局長級」を設定しておりませんのでご理解の上ご了承ください。また、本年度も、航空賃が比較的安価である韓国系、中国系の割引エコノミーチケットを使うことを前提としています。日程変更には手数料が発生する可能性がありますのでご注意ください。派遣研究者の個人的な負担を軽減するために、また、事務手続きを円滑に行うために、本年度も航空券はA−CORE事務局が手配し、業者払いといたします。

 タスクリーダーの先生方には、実施計画を100%実績として残せるよう、一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。加えて、実りある年度と、今後への更なる展開を目指し、皆様のご理解とご協力をお願いするしだいです。

                                                                           以上

                                                        小西 哲之(Program Coordinator)
                                                           山本 靖(Program Secretary)
                                                                小林 純子(事務取扱)




 
A−CORE 事務局より、事務手続きに関するお願い

**日本からの派遣;共同研究**

航空券等の手配について
 ● A−CORE事務局が行います。
 ● 韓国系、中国系の割引エコノミーチケットを使うことを前提としています。
 ● 派遣研究者の個人的な理由で旅費が高額化する場合、差額を個人負担して頂くことがあります。
 
日本国内交通費
 ● 研究者の所属する研究機関から最寄りの国際空港までの往復交通費が支給されます。
 ● 日本国内での移動を余儀なくされる場合はA−CORE事務局に予めご相談ください。
 ● 派遣研究者の個人的な理由で最寄りの国際空港を用いない場合、国内交通費が不支給になる事があります。
 
訪問国到着後、相手国内の移動
 ●訪問国内の移動に関しては、A−COREは費用の負担をいたしません。

日当は下記の通り支給します。
 ● 宿泊費は受入側負担のため、支給いたしません。 (H22.4.1現在)

区分 日当単価 宿泊費単価
教授・准教授 5,000円 0円
講師・助教・研究者(他 博士の称号を持つ者) 5,000円 0円
その他(修士学生、博士課程後期学生など) 3,500円 0円


**韓国・中国から日本への受入;共同研究**

日本国内交通費
 ● 原則不支給としますが、訪問研究機関の最寄りの国際空港から訪問研究機関までの往復交通費が高額になる場合は、
    A−CORE事務局に予めご相談ください。
 ● 日本国内の研究機関間の移動は不支給とします。

航空賃と日当は派遣国側負担のため、支給いたしません。
宿泊費は下記の通り支給します。 (H22.4.1現在) 
★1週間以上の長期滞在研究者には減額支給します。
区分 日当単価 宿泊費単価
教授・准教授 0円 14,000円
講師・助教・研究者(他 博士の称号を持つ者) 0円 14,000円
その他(修士学生、博士課程後期学生など) 0円 10,000円


**受入と派遣:セミナー**

(航空券等の手配、日本国内交通費、韓国・中国内の移動、日当・宿泊費は、共同研究の受入・派遣に準じます)

セミナー (あらかじめセミナー計画書が提出され、セミナーとして認められたセミナー)
 ● 日本で開催されるセミナーの経費は日本側が、韓国・中国で開催されるセミナーの経費は相手国側が負担します。
 ● 拠点が経費負担をするセミナー参加者は、セミナーで発表するなど直接的な形で貢献する事を要件とします。
 ● セミナー開催経費は、割り当てられた予算枠内で歳出してください。




              以上、先生方のご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
                                                          A-CORE事務局  小林 純子



                                           TOP


            --------------------------------------------------------------------------------------
                         copyright © 2009 Konishi Lab. IAE Kyoto Univ. All right Resserved